事例紹介2

特殊会社を使った分散株対策(1)

顧客 地方の老舗優良企業B社。現社長は3代目で、父親(2代目社長)は現在、会長職にある。
ニーズ 会長も高齢となってきたため、そろそろ現社長である長男にスムーズに事業承継をさせることを考える時期にある。
問題点 社長の持ち株は10%のみ。会長(父)、母、弟(現専務)で60%を保有。残りの30%は叔父(元専務、会長の弟)の家族が保有。

叔父の家族とはほとんど付き合いがなく、会長及び叔父に相続が発生した場合を考えると、社長としてはとても不安である。

→社長としては、将来的に自分の持ち株を100%とする方法があればと考えている。

特殊会社を使った分散株対策(2)

株主構成

特殊会社を使った分散株対策(3)

解決の第1段階

「家族の持株の承継」

対応:

  1. 社長の父(会長)及び母に「株式はすべて長男が相続する」との遺言をしてもらった。
  2. さらに、弟(専務)に「遺留分放棄」の申述をしてもらった。

    →これにより、社長は全体の70%の株式を確保

上記が実現した前提として、社長の家族が協力的だったことがあげられる。
また、実際には上記の後日談があり・・・

特殊会社を使った分散株対策(4)

解決の第2段階

「叔父一家からの持株の取得」

対応:

  1. 叔父一家がお金を必要としていることを知り、持株の買取りを打診。
  2. 株式移転により、持株会社を設立する案もほのめかす。(次項参照)
  3. 結果、予定よりも安価に買い取ることに成功

    →これにより、社長はすべての株式を確保

特殊会社を使った分散株対策(5)

株式移転による持株会社の設立